エストニアの「インビジブル電子政府サービス」とは

低空飛行の電子行政、未だ解けない紙の呪縛 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/042700046/042700005/ 添付書類をオンラインで提出できるようにしても 続きを読む エストニアの「インビジブル電子政府サービス」とは

エストニアの電子政府基盤を民間企業向けに作り変えたプラットフォーム

エストニアの電子政府基盤である「X-Road」や「Citizen ID」を日本向けに作り変えたプラットフォームを活用した事業について、プラネットウェイ社から発表がありました。 1 個人の許諾に基づくデータ利活用の促進(「 続きを読む エストニアの電子政府基盤を民間企業向けに作り変えたプラットフォーム

公文書は「デジタル対応」+「適切なアクセス制御」で管理しよう

デジタル民主主義の礎、国の公文書は原則オープンデータにしよう http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/042000054/ 情報公開請求があって初めて文書を 続きを読む 公文書は「デジタル対応」+「適切なアクセス制御」で管理しよう

日本もデジタル社会に対応した情報公開制度へ移行しよう

公文書の訂正、統一指針なし 政府答弁書決定 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29089140W8A400C1EA3000/ 政府が17年12月に改定した文書管理の新指針を反映し、 続きを読む 日本もデジタル社会に対応した情報公開制度へ移行しよう

公文書の管理は、システムとデータを分離して、デジタルを原本としよう

森友問題、公文書改ざんの首謀者は「オールド世代」の官僚だ http://diamond.jp/articles/-/164199 今の紙ベース・各省縦割りのシステムに加えて、電子ベース・各省横断的な管理システムを導入すべ 続きを読む 公文書の管理は、システムとデータを分離して、デジタルを原本としよう

森友学園問題への対応、「公文書管理」ではなく「情報ガバナンス」として

森友問題で話題の「決裁文書」とは何か、なぜ書き換えが問題なのか  ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/163125 誤り等が見つかった場合でも、修正したものと差し替えられる 続きを読む 森友学園問題への対応、「公文書管理」ではなく「情報ガバナンス」として

「仮想自治体」は「エストニア電子政府の日本版」になるか

情報通信審議会 情報通信政策部会 IoT新時代の未来づくり検討委員会(第2回) 平成30年1月25日 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreport 続きを読む 「仮想自治体」は「エストニア電子政府の日本版」になるか