電子政府やeヘルスで「最初に決定するべきこと」は?

AI・IoT時代のデータ標準化について平本健二氏(内閣官房政府CIO上席補佐官)の話を聞く http://interview.hatenablog.jp/entry/2018/06/03/220758 平本さんは、日本の 続きを読む 電子政府やeヘルスで「最初に決定するべきこと」は?

前橋市が進めるICTを利活用した地域課題解決とマイナンバーカードの活用

前橋市におけるICTを利活用した地域課題解決に向けて 平成30年5月18日 http://www.soumu.go.jp/main_content/000552270.pdf 高齢者の外出支援、産業構造の変化、若者の流出 続きを読む 前橋市が進めるICTを利活用した地域課題解決とマイナンバーカードの活用

エストニアの「インビジブル電子政府サービス」とは

低空飛行の電子行政、未だ解けない紙の呪縛 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/042700046/042700005/ 添付書類をオンラインで提出できるようにしても 続きを読む エストニアの「インビジブル電子政府サービス」とは

エストニアの電子政府基盤を民間企業向けに作り変えたプラットフォーム

エストニアの電子政府基盤である「X-Road」や「Citizen ID」を日本向けに作り変えたプラットフォームを活用した事業について、プラネットウェイ社から発表がありました。 1 個人の許諾に基づくデータ利活用の促進(「 続きを読む エストニアの電子政府基盤を民間企業向けに作り変えたプラットフォーム

5月10日:エストニア e-Residency team 来日記念セミナーを開催します

私も理事として参加しているジェアディス(JEEADiS)で、eレジデンシーのセミナーを開催します。 eレジデンシーは、エストニア政府が実施する電子政府プログラムの一つで、世界中から電子居住者を募り、厳格な本人確認の手続に 続きを読む 5月10日:エストニア e-Residency team 来日記念セミナーを開催します

公文書は「デジタル対応」+「適切なアクセス制御」で管理しよう

デジタル民主主義の礎、国の公文書は原則オープンデータにしよう http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/042000054/ 情報公開請求があって初めて文書を 続きを読む 公文書は「デジタル対応」+「適切なアクセス制御」で管理しよう

政府の電子決裁システム、まずは実質的な電子化率の公表と向上を

公文書管理については、日本でエストニアのような仕組み(ブロックチェーンの利用等)は難しいと思います。技術的な話の前に、「情報ガバナンス(誰がどのような責任で情報を管理し、誰に利用させるか)」の再整理が必要でしょう。まずは 続きを読む 政府の電子決裁システム、まずは実質的な電子化率の公表と向上を