政府の電子決裁システム、まずは実質的な電子化率の公表と向上を

公文書管理については、日本でエストニアのような仕組み(ブロックチェーンの利用等)は難しいと思います。技術的な話の前に、「情報ガバナンス(誰がどのような責任で情報を管理し、誰に利用させるか)」の再整理が必要でしょう。まずは 続きを読む 政府の電子決裁システム、まずは実質的な電子化率の公表と向上を

エストニアの情報システムは国家最適・官民最適、日本は省庁最適・自治体最適

第33回新戦略推進専門調査会電子行政分科会 第15回規制制度改革ワーキングチーム 第18回各府省情報化専任審議官等連絡会議 合同会議 平成30年3月30日 https://www.kantei.go.jp/jp/sing 続きを読む エストニアの情報システムは国家最適・官民最適、日本は省庁最適・自治体最適

日本もデジタル社会に対応した情報公開制度へ移行しよう

公文書の訂正、統一指針なし 政府答弁書決定 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29089140W8A400C1EA3000/ 政府が17年12月に改定した文書管理の新指針を反映し、 続きを読む 日本もデジタル社会に対応した情報公開制度へ移行しよう

エストニア政府が採用する「KSIブロックチェーン(KSI署名)」とは

「電子政府」実現にはブロックチェーンが不可欠だ http://diamond.jp/articles/-/165057 野口悠紀雄氏が、「公務員性悪説」でも、書き変え不可能な仕組みが必要と提言されています。書き換え不可能 続きを読む エストニア政府が採用する「KSIブロックチェーン(KSI署名)」とは

公文書の管理は、システムとデータを分離して、デジタルを原本としよう

森友問題、公文書改ざんの首謀者は「オールド世代」の官僚だ http://diamond.jp/articles/-/164199 今の紙ベース・各省縦割りのシステムに加えて、電子ベース・各省横断的な管理システムを導入すべ 続きを読む 公文書の管理は、システムとデータを分離して、デジタルを原本としよう

森友学園問題への対応、「公文書管理」ではなく「情報ガバナンス」として

森友問題で話題の「決裁文書」とは何か、なぜ書き換えが問題なのか  ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/163125 誤り等が見つかった場合でも、修正したものと差し替えられる 続きを読む 森友学園問題への対応、「公文書管理」ではなく「情報ガバナンス」として