エストニアの「インビジブル電子政府サービス」とは

低空飛行の電子行政、未だ解けない紙の呪縛 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/042700046/042700005/ 添付書類をオンラインで提出できるようにしても 続きを読む エストニアの「インビジブル電子政府サービス」とは

エストニアの電子政府基盤を民間企業向けに作り変えたプラットフォーム

エストニアの電子政府基盤である「X-Road」や「Citizen ID」を日本向けに作り変えたプラットフォームを活用した事業について、プラネットウェイ社から発表がありました。 1 個人の許諾に基づくデータ利活用の促進(「 続きを読む エストニアの電子政府基盤を民間企業向けに作り変えたプラットフォーム

5月10日:エストニア e-Residency team 来日記念セミナーを開催します

私も理事として参加しているジェアディス(JEEADiS)で、eレジデンシーのセミナーを開催します。 eレジデンシーは、エストニア政府が実施する電子政府プログラムの一つで、世界中から電子居住者を募り、厳格な本人確認の手続に 続きを読む 5月10日:エストニア e-Residency team 来日記念セミナーを開催します

「仮想自治体」は「エストニア電子政府の日本版」になるか

情報通信審議会 情報通信政策部会 IoT新時代の未来づくり検討委員会(第2回) 平成30年1月25日 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreport 続きを読む 「仮想自治体」は「エストニア電子政府の日本版」になるか

データガバナンスから見た「ワンスオンリー」の実現可能性について

デジタル・ガバメント実行計画 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/egov_actionplan.pdf が、平成30年1月16日にeガバメント閣僚会議で決定 続きを読む データガバナンスから見た「ワンスオンリー」の実現可能性について

エストニアのeヘルスと医療情報システムの未来について

2018年2月3日(土)北海道大学クラーク会館で開催された第16回日本医療情報学会北海道支部学術大会の講演資料を少し修正追加したものです。 エストニアのeヘルスについてお話しするのは、2017年7月12日:国際モダンホス 続きを読む エストニアのeヘルスと医療情報システムの未来について